前へ
次へ

昔と比べ変化してきた今のお葬式は

会社の社長や会長など偉い人が亡くなった場合、一般的なお葬式と違い大きな場所を借り切って社員総出でお葬式を執り行います。
常務や副社長などかなりえらい人たちがお棺を持ったり、遺族に対して挨拶をしているのを見ると、故人がいかに偉かったのかが分かります。
昔と比べて社葬や家族葬の有様もだいぶ変化してきました。
それは、葬儀自体の自由度が上がり、ある程度遺族の意志で内容を決めることができたり、葬儀業者さんも融通がきくようにサービスを改めたからでしょう。
大掛かりな式を望まない遺族の場合は、できるだけ出費をおさえたシンプルなプランが提供されることもあります。
お葬式は人生最後の大きなイベントですが、残された遺族が執り行うため、経済状態によっては簡素にせざるを得ないケースもあるわけです。
現代社会においてお葬式が持つ意味は昔と変わりませんが内容は大きく変化しており、それぞれのニーズにしっかりと合わせたものが執り行われています。

真心を込めて最後のお別れをおこないます
ペット火葬のことは奈良のボトルフラワーにお任せください

お仏壇の買い替え
お気軽にお問い合わせください

お葬式をどこですればいいのかわからない

LINEでのご葬儀の相談も可能となっています

Page Top